石原さとみの髪型「セミロング」~オーダー方法やセットのやり方は?~

女性から高い支持を集める石原さとみさん。

今回は彼女のセミロングの髪型のオーダーのポイントから
セット方法まで詳しく紹介します。

出典:http://dearsister-satomi.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_4ea/dearsister-satomi/hwchannel_20141008_3316803_0-enlarge-153bf.jpg

出典:http://dearsister-satomi.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_4ea/dearsister-satomi/hwchannel_20141008_3316803_0-enlarge-153bf.jpg

スポンサーリンク

美容師へのオーダー方法(オーダーするときのポイント)

石原さとみのセミロングスタイルを
オーダーするときのポイントは、
髪の毛の重さに注意してオーダーしましょう。

髪型はセミロングの巻き髪です。

特に印象としてはウエイトが、
低めに設定してあり重さが残っています。

髪の毛が軽めスタイルが好きな人は
仕上がりに重さを感じてしまうかもしれませんが、
そのくらいでちょうどいいです。

軽くするといつもの髪型になってしまうので、
意識して重さはキープしてもらうのがポイントです。

前髪は逆に軽めになっているので、
すいてもらうようにオーダーしましょう。

美容院での大体の費用や時間

石原さとみの髪型はカットとパーマが必要です。

時間は2時間30分~3時間くらいかかります。
費用はカット4000円~6000円、
パーマが6000円~12000円くらいが相場です。

スポンサーリンク

やり方、セット方法

石原さとみの髪型のセット法はパーマをそのまま活かすか、
もう一度コテで巻き直すかの2種類の方法があります。

一つ一つのウェーブの束感が印象的なので、
パーマを活かしたセットだと、
少し束感が作りづらいかもしれません。

完璧に髪型を真似するなら巻いて
仕上げると完成度が上がります。

巻き方

髪の毛の中間から巻き始めます。

頬の辺りからウェーブがはじまっているので、
その辺りから巻きます。

パーマがかかっていてカールがつきやすいので
あまり熱を当てる必要はありません。

軽く巻き。毛先も巻きます。

巻き方はコテを横にして巻くのではなく、
縦にし巻きます。

こうすることで縦長なウェーブが作り出せます。

真似するポイント

ポイントはしっかり巻いているけど、
もたついていない毛先。

リバース巻きとフォワード巻きを交互にすることが、
もたつき防止のポイントです。

肩くらいのセミロングの長さを意識して、
巻きすぎに注意してセット。

髪の手入れやケア方法

パーマ後は髪の毛がアルカリ性に傾いています。
パーマ後のにおいもこのアルカリが原因です。

もとの弱酸性に早く戻してあげることが重要なので、
後処理剤などを使うと弱酸性に戻すのを早くしてくれます。


芸能人と同じ髪型にしても

しっかりと髪のケアをしないと美しさも半減してしまいます。

せっかくなら、ダレノガレ明美や山田優もやっている

ヘアーケアをしてみませんか?

⇒芸能人と同じヘアーケアをする

芸能人一覧に戻る

髪型の目次一覧に戻る

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ